文部科学省 地(知)の拠点文部科学省 地(知)の拠点

うどん県で働こうPROJECT

うどん県を沸かそうPROJECT

かがわICTまちづくりアイデアソン2016を開催しました

地方創生が叫ばれる中、その中心となる「ヒト」が地方に集積するような仕組みづくりをすることがますます重要になっており、地方大学はその拠点としての役割が求められています。地場産業や地方に拠点をおく企業も、既存の領域にとらわれない新たな地域ビジネスの発見や価値の創出を求められています。
そこで、大学や企業の中心にいて将来の地域を担っていく若者世代が、地域の魅力を自分達で再認識するとともにICTを用い、「地域、ICT、若者」が融合し共創することで、これまでになかった新たな発想やイノベーションを生み、地方創生・かがわの将来を考える場として「かがわまちづくりアイデアソン2016」を開催しました。アイデアソンとは、Idea(アイデア)とMarathon(マラソン)をかけ合わせた造語で、多様性のあるメンバーが集まり、ある特定のテーマについて、対話やワークショップを通じて自由にアイデアを出し合い、新たなアイデア創出やアクションプラン、ビジネスモデルの構築などを短期間で行う手法やイベントを指します。


当日は学生と若手社会人合わせて約40名の参加があり、10チームに分かれそれぞれが新たなまち活性化に向けICTを使った手段を検討しました。最後には寸劇をまじえたプレゼンを行い、最優秀チームにはパネルと記念品授与が行われました。

プログラム
<かがわICTまちづくりアイデアソン2016>
・日時 :平成29年2月4日(土)9:30~18:00 (受付開始9:00)
・会場 :情報通信交流館e-とぴあ・かがわ
 (高松市サンポート2番1号 高松シンボルタワー タワー棟4・5階)

・プログラム













9:30~10:00オリエンテーション
10:00~10:50キーノートスピーチ 香川大学工学部安全システム 建設工学科准教授 紀伊 雅敦 株式会社富士通研究所 原田 博一氏 高松市総務局参事(ICT推進担当)坂本 公生氏
10:50~10:55実行委員会による事前活動報告
10:55~11:05参加企業と参加者紹介
11:05~13:10アイデアソン第一部
13:10~13:50休憩
13:50~16:20アイデアソン第二部
16:20~17:00発表(チームごとにアイデアを発表)
17:00~18:00審査・表彰・クロージング


アイデアソンの様子
チームでアイデアをまとめます
最優秀チームへの表彰
参加者全員で記念撮影