文部科学省 地(知)の拠点文部科学省 地(知)の拠点

うどん県で働こうPROJECT

うどん県を沸かそうPROJECT

地域企業の採用力向上のために COC+シンポジウムを開催しました

8月1日(月)幸町キャンパスOLIVE SQUARE多目的ホールにおいて、若者の定着に向けた地域企業の情報発信力と採用力の強化を目指した「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム うどん県で働こうプロジェクト」を開催しました。地域企業や自治体関係者、教職員等約120名の参加者が集まりました。
講演では、NPO法人G-net代表理事である秋元祥治氏が、「中小企業が『みぎうで』人材を採用する3つのポイント」と題し、企業が採用のなかで学生、求職者にどのような視点からどうアプローチをすれば良いのかを、具体的なデータを交えながらご講演頂きました。
続いて、九州インターンシップ推進協議会の斉藤拓馬氏が、「産学官連携による地域の人材育成」を演題に、福岡県を中心に産学官の地域ぐるみで実施している九州インターンシップ推進協議会のこれまでの実例を紹介しながらご講演を頂きました。

秋元氏をコーディネーターとして、「若者の定着に向けた地域企業の魅力づくりについて」と題したパネルディスカッションを開催し、経済団体、民間企業、大学といった様々な立場のパネリストの方々から多様な視点で、地域企業の魅力をどのようにして若者に伝えるかディスカッションをおこないました。

参加者からは、講演やディスカッションでの意見を基に「学生が仕事に何を求めているのかが分かり、大変興味深かった」「地元定着を目指すにはやはり地域企業からの情報発信が重要である」といった感想が寄せられ、特に企業関係者の方々から参考になったとの意見を多く頂きました。

開会の挨拶をする長尾学長
秋元氏(NPO法人G-net代表理事)による講演
斉藤氏(九州インターンシップ推進協議会)による講演
コーディネータ秋元氏から若者の職業意識のポイントを紹介
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子
地域企業の魅力づくりについてパネリストから紹介
若者を引きつけるものについてパネリストから
県内企業や自治体関係者120名の参加者があったシンポ会場の様子
閉会の挨拶をする川池理事
情報交歓会の様子1
情報交歓会の様子2