文部科学省 地(知)の拠点文部科学省 地(知)の拠点

うどん県で働こうPROJECT

うどん県を沸かそうPROJECT

COC+キックオフシンポジウムを開催しました

2月4日(木)、香川大学オリーブスクエア多目的ホールにて「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)キックオフシンポジウムうどん県で働こうプロジェクト~能動学修による地域の魅力発見」を開催いたしました。


本シンポジウムは、香川大学、四国学院大学、香川県立保健医療大学及び香川高等専門学校が香川県の協力の下、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」に採択された事に伴い、COC+事業の目的である地域が求める人材を育成し、若年層の地元定着を推進する取組内容を広く地域に紹介する場として開催し、県内外から約150名が参加しました。


はじめに、長尾学長より開会挨拶があり、続いて、山口良文 文部科学省高等教育局大学改革官ならびに浜田恵造 香川県知事より来賓ご挨拶をいただきました。続いて、瀬戸内国際芸術祭総合ディレクターである北川フラム氏より「美術は地域をひらく 〜瀬戸内国際芸術祭を事例に〜」をテーマとした基調講演をいただきました。北川氏は、2016年に3回目の開催を迎える瀬戸内国際芸術祭のこれまでの事例をもとに、「他者と違っても認められる美術というフィールドを有効活用することで、地域が持つ特色、資源を利用できる」との講演をいただきました。続いて、カマタマーレ讃岐常務取締役である岩澤 健氏より「カマタマーレ讃岐が目指す地方創生」をテーマに特別講演をいただきました。岩澤氏は、「プロスポーツクラブによる地域密着活動が地元への愛着心向上効果に繋がる」などカマタマーレ讃岐が目指す地方創生のあり方について講演いただきました。いずれの講演も参加者は興味深く耳を傾けていました。
その後、香川県、香川大学及び香川高等専門学校より、各機関における地域への就職、地方創生に関するこれまでの取組とこれからの事業内容について紹介しました。

開会の挨拶をする長尾学長
文部科学省高等教育局大学改革官 山口氏による挨拶
カマタマーレ讃岐常務取締役 岩澤氏による特別講演
瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター 北川氏による基調講演
閉会の挨拶をする川池理事(地域連携戦略室長)
協働機関を代表して挨拶する浜田県知事
会場
県内外からの150名の参加者がありました
情報交換会、希少糖入りのドーナッツが好評でした
情報交歓会での様子